2007年12月31日

OEM日本語版Windows XP SP2c の不具合

本年最後の更新となりました。
ラジコンは中止したにも係わらず時々チェックされていた方には申し訳ございませんでした。
パソコンの話題ばかりになっちゃっています。

さて、今までメインPCとして使ってきたShuttle SB75G2は、記事を見た方から連絡があり嫁がせちゃいました。
Shuttleのサイトを見ていると同じデザインでSG31G2があるじゃありませんか!
http://www.fastcorp.co.jp/product/shuttle/sd31g2.html
このデザインの時代のPCが好きだったんですね。今のデザインは好きじゃありません。
図体もでかいし。。。
で早速在庫があるところを探し即注文して、届いたその日にそそくさと組み立て。
ところが、OSインストールで問題が発生しました。
ようこそ画面とシャットダウンや再起動画面のメッセージが英語表示となって
います。
それ以外では英語表示にはなりません。

SG31G2-00.jpg

色々調べたらMicrosoft側の不具合のようです。
http://www.kotaete-net.net/Default.aspx?pgid=14&qid=140531825778
http://www.kotaete-net.net/Default.aspx?pgid=14&qid=220828273609
Microsoftのサイトで検索してもこの問題についての記事は見つけられませんでした。

ちなみにSP2cが出た背景には、ここにあるように
http://blogs.sqlpassj.org/yoneda/archive/2007/08/11/23900.aspx
セキュリティーや不具合修正ではなく、結果的に寿命の長いOSであり、売れ行きも十分なため
Product Key 発行余地が足りなくなりそうという事情のようです。

こちらにはこんな記事が。
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/blog/archives/2007/10/windows_xpsp2c.html
ショップによると「プロダクトキーの系統が変わっただけ」なんだとか。
普通に使う分にはいままでとなにも変わらないそうですが、「このインストールメディアでインストールを行う際、従来(SP2bまで)のプロダクトキーを入れてしまうと“無効なプロダクトキー”と判定されてしまう」(ドスパラ秋葉原本店)そうで。

解決方法を探っているうちに「SP3を入れて見たら?」とのアドバイスもあり、
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=75ed934c-8423-4386-ad98-36b124a720aa&DisplayLang=ja
試しにSP3RCをインストールしてみました。

SG31G2-01.JPG

ログオフ等の表示は日本語になりました。
OS動作が多少早くなるとの情報もありますが、ウイルスバスターとの相性(不具合)もあるらしいですね。

試しに、「アプリケーションの追加と削除」で削除したら元の英語表記に戻ってしまいました。(^^ゞ
う〜ん、どのバージョンで使ったら良いのだろう?

こちらは手持ちのPCの中では最高スペックのPCです。
Vista評価?マシンですが、SLIとの相性が悪いです。まったく使っていません。
来年はこいつを料理したいと思っています。

DSCF1944.JPG

Vista-PC.jpg

NVIDIA02.jpg

それでは皆さん良いお年をお迎えください。

posted by かんぼ at 10:24| Comment(2) | パソコン
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。
 お元気にPC工作に熱中されているようで何よりです。
 たまにはすR/Cの情報もよろしく。
 ではまた。
Posted by sugi at 2008年01月01日 10:34
sugiさん、レス遅れてしまいました。
本年も宜しくお願いいたします。
少しはラジコンも出来たらと思ってはいますが。。。
Posted by かんぼ at 2008年01月02日 09:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: