2006年03月10日

X-400の制作再開

やっとX-400の組立て再開しました。
テールケースですがカーボンテールブームを入れるため、以前紹介した自作リーマーで内径を0.2ミリ広げました。
グラスボディを付ける予定なので、ALIGNの短い方(450X用)のカーボンテールブームを使いました。

ちょっとしたグッズの紹介です。
ブームにベルトを通す際のツールです。

TC2-1.jpg

2ミリのステンレスワイヤーに電気工事用の丸形圧着端子を付けただけですが。。。
端子は穴を写真の様にカットします。
20年前に60クラスエンジンヘリ用に作った物の反対側に小さい端子を付けました。
別に針金でも紐でも良いのですが、丸めると工具箱に入るので整理するのに便利です。
この様になります。

TC2-2.jpg

テールシャフトはT-REXのオプションを使いました。
ただ、両サイドのベアリングとの隙間が出ます。
片側に3-5-1.0(内径-外径-厚み)ともう片方に3-5-0.5プラス3-5-0.2のシムワッシャーを入れました。
これでぴったりでした。

ARKのオプションテールケースですが、以前再生したハイペリオンのテールケースと物は同じです。
ベアリングとアルマイト加工の色が違うだけ。。。

TC2-4.jpg

ここまで組立てた所で、テールピッチアームとテールヨークのオプション品が不足していました(^^ゞ
注文せねば。。。

余ったパーツがありました。ベルトガイドプーリーの真鍮製カラーです。
ARKは、パーツの過不足が結構あるので困ります。
これには入れる方向があるので注意を!
ベアリング側に段削りした方を当てます。写真右側上部です。
逆に入れて締めるとベアリングが回りません。

TC2-3.jpg
posted by かんぼ at 12:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ARK X-400
この記事へのコメント
ベルト用のツールは便利そうですね。
なかなか身の回りに使えそうな道具が無くて、ベルト通しには難儀をしています。

ARK赤いテールケースのベアリングですが交換されました?
僕のは確か中のボールが丸見えで、ハイペリオンに付いている物と同じようなベアリングでした。
飛行中にボールが飛び出しましたけど、かんぼさんのは改良型のようですね。

かんぼさんの組み上げるX-400は精度が良さそう、ARK部品の悪いところを、どのように改良されて行くのか楽しみにしています。
Posted by もっちん at 2006年03月10日 15:21
>なかなか身の回りに使えそうな道具が無くて、ベルト通しには難儀をしています。
では、作って差し上げます。少々お待ち下さい。
もっと面倒なのが、アンテナ線をノイズレスパイプに通す作業かも。。。
ベアリングは交換していません。改良品なのかな?
今は、サーボ取付けで思案中です。
Posted by かんぼ at 2006年03月10日 20:01
>では、作って差し上げます。少々お待ち下さい。
いえいえ、ご面倒をお掛けしますので、気になさらないで下さい。
どうせ数ケ月に1度の作業ですから、大丈夫ですよ。

>もっと面倒なのが、アンテナ線をノイズレスパイプに通す作業かも。。。
これも大変でした。でも今は72Mhz用のマイクロアンテナを使っていますので、これからは解放されています。

>ベアリングは交換していません。改良品なのかな?
シールド式でしっかりとしていそうですね。初期型のベアリングとは違いますので改良品かとおもいますよ。
Posted by もっちん at 2006年03月10日 22:41
いよいよX-400の組み立てがはじまりましたね。楽しみです。
テールのベアリングは確かに違いますね。最初についてきたオープンタイプのは40フライト程度でガタガタになってしまいました。改良版だといいですね。
>入れる方向があるので注意を
はっ、と思いチェックしたら片方は逆に入れてました。知りませんでした。情報有難うございます。
Posted by Peewee at 2006年03月11日 12:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/447994
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック