2006年02月02日

P-BEC(6V)→5V改造

P-BECの6V仕様を5Vに改造しました。
希望のチップ抵抗がありませんでしたので、大変面倒でした。
改造の一例です。皆さんは、素直に5Vタイプを購入して下さい。(^_^;

まず、[R1]と[R2]を一旦取り外して抵抗値を確認。
無くさないように。両面テープに貼り付けています。

BEC1-1.jpg

6V仕様の場合 R1=370.5Ω R2=98.8Ωでした。
全体の抵抗値を余り変化させないように[R2]を変更します。

R2=R1・1.27V/5V-1.27Vより、およそ126.1Ωになります。

ところが手持ちのチップパーツに希望の値がありませんでした。
手持ちのチップCRキットです。

BEC1-2.jpg

そこで元の[R2]を利用し27Ωの抵抗を直列にして使いました。容量が1サイズ大きいです。
カッターナイフでパターンを削り、ランドを追加。
基盤の端に信号線が1本通っているので、やりにくいったらありゃしない。。。
気長にカリカリとルーペで拡大しながらの作業でした。(;^_^A アセアセ…

BEC1-3.jpg

完成後電圧確認したら、無負荷で5.02Vでした。
これで5V仕様で使えます。
一応負荷を1Aほど流してみましたがリプルはほとんどありませんでした。

posted by かんぼ at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | BEC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/313265
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック