2006年01月17日

T-REXのメインマスト

付属メインマストが細すぎるのは、皆さんご承知の事ですが。
ギヤのワンウェイベアリングホルダーのガタも大きいので、取りあえずシムテープで隙間を補正する。

G2-1.jpg

カットしたシムテープはこの様にして入れます。

G2-2.jpg

シャフトの穴とギヤケースの穴を合わせて、2φのドリルでシムテープに穴を開けます。

G2-3.jpg

保管中に穴がずれないように、M2のビスを仮に通しておきます。

G2-4.jpg

完成した状態です。

G2-5.jpg

しかし、今後どうするか考察中。
メインマストとマストベアリングとのガタも修正しなければなりませんし…
マストを社外品(キャピタルとか)を使えばマストベアリングとのガタは修正せずとも間に合いますし。
上下のベアリングの隙間調節も考えていますが…
自分で作れば問題無いですが、一般的でない。。。
シルバーフレームはこだわって作りたいので、自作シャフトで行こうかと考え中。
ノーマルシャフトはブラックカーボンフレームがあるのでそっちで使おうかと。
パーツを並べてしばし考える。。。

G2-6.jpg

posted by かんぼ at 20:59| Comment(4) | TrackBack(0) | T-REX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/275817
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック