2006年01月07日

T-REX 450SE組み立て開始。

やっとヘリの組み立て開始。まずはT-REX SEから。

h6-1.jpg

かなり組み上がった状態で梱包されていますが、一旦全てばらします。
下フレームはカーボンが歪んでいたので調べたら、樹脂製アンダーフレームとの角穴が合っていない。
カーボンフレームの角穴の四隅をヤスリで直角に修正してぴったりはまった。
ついでにフレームの周りを#1200の紙ヤスリで角を軽く落としておく。
下フレームは左右を入れ変えて取り付けると歪みが直ります。

h6-2.jpg

フロントとテールの樹脂プーリーはweb情報によればすぐダメになるそうなのでK&Tのアルミに交換。

h6-3.jpg

が、、、ここで問題発生!
組み立て済みのネジが抜けない…

h6-4.jpg

しょうがないので、ニッパーで切断し交換する。
簡単にとれた…これじゃすぐなめる。
写真に取り忘れましたが、プーリーの山下半分でしかシャフトに固定されていません。
上のツバの部分はただ押さえているだけでした。
ここは社外品のカウンターギヤと組になっている物と交換した方がよさそう。
手持ちがないので取りあえずプーリーのみ交換する。

h6-5.jpg

順調に組み立てが進んできたが…キャノピーを取り付けるロッドに仮組してあるビスに
なんと!ネジロック剤が付けてあり中々抜けない。。

h6-7.jpg

とりあえず仮組立完了。
ここまでネジロック剤は使用せず、組み上がりの状態を最終確認できたら、1本づつはずしてネジロックを付けて締めたら次のネジに移るる事。そうすれば狂いが出にくいです。
先に付けながら組み立てして、もし歪んでいたりしたら大変な事になるかも…
付属ネジの六角穴は柔いです。ちょっと力を入れるとすぐナメるし。
それとテールパイプホルダーの左フレーム側とテールブームブレスのビスにはネジロックを付けないように。(ここはテール組立ての最後になります。)

h6-8.jpg

あとメインブレード(社外品)とスタビライザーパドルの重量を測定してみた。
会社で精密はかりを借用し測定。
メインブレード
 21.88g と 21.87g で重量差はばっちりOK バランス取りはまだ。
パドル
 5.30g と 5.06g でちょっと差があるがこのまま組み立てる予定。

h6-9.jpg

テールローターも測定してみたところ、こちらはエンジニアプラスチック製らしく
どちらも 1.79g で同じでした。これもバランス確認はまだ。
今日のところは、ここまでで終了。
posted by かんぼ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | T-REX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/255682
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック