2006年08月23日

ピカピカ電飾講座(ちょっとだけテスト)

とりあえずちょっとだけテストしてみました。

【注意!】
高輝度LEDや高出力赤外LEDの中心をそのまま覗くのは避けて下さい。
眩しいのはもちろん(赤外線は目に見えませんし。。。)
光量によっては、目が火傷します。
レーザー光と同じく注意が必要です。


自己点滅LEDを2個並列で抵抗1KΩに接続すると点滅タイミングは運次第。
点滅(赤)[OSHR5X31A-1.5HZ]はVF=2.2V IF=25mA
点滅(青)[OSUB5X31A-1.5HZ]はVF=3.6V IF=25mA

LED-2.jpg

動画はこちら
LED-2.wmv

自己点滅LEDに白色LEDを並列にすると自己点滅LEDがONすれば白色LEDは消灯します。制限抵抗は1KΩ
点滅(赤)[OSHR5X31A-1.5HZ]はVF=2.2V IF=25mA
高輝度(白)[OSWT5161A]はVF=3.4V IF=25mA

LED-1.jpg

動画はこちら
LED-1.wmv

【追記】
自己点滅LED(赤)と高輝度(白)LEDを直列に接続すれば、同じタイミングで点灯します。
合計VF値と電源電圧に注意すること。合計VFより高くしてはいけません。
点滅(赤)[OSHR5X31A-1.5HZ]はVF=2.2V IF=25mA
高輝度(白)[OSWT5161A]はVF=3.4V IF=25mA
直列なので同じ電流IFが流れますが、白色の方が高輝度のため明るいです。

LED-0.jpg

動画はこちら。
LED-0.wmv

最後の組み合わせ。自己点滅LED(赤)と自己点滅LED(青)と直列に接続すると。
電源を入れた最初だけ10回ほど点滅し、暫く間を空けてからまた10回ほど点滅の繰り返しです。

LED-3.jpg

動画はこちら。
動画では間引き点滅していますが、実際は点滅中の間隔は均等です。
LED-3.wmv
posted by かんぼ at 20:23| Comment(7) | プロポ・サーボ
この記事へのコメント
自己点滅2個並列は運次第。自己点滅+普通は交互点滅。この二番目の方法は使えますね。白色の自己点滅がこちらの電子街でも見つからないので、この方法で白色の点滅を作り出す手はありますね。ヒューズに積んでいるMaxxLight社の物は、そういえば白色点滅がセットに入ると途端に値段が上がっています。どうも白色点滅がレアものみたいですね。
ところで1KΩされたのは、どういう計算ですか?Vfが各2V、Ifが各20mAとすると、5V-2V/(0.02A+0.02A)で75Ωと思ったのですが。
Posted by Peewee at 2006年08月23日 21:39
>ところで1KΩされたのは、どういう計算ですか?
使った点滅(赤)[OSHR5X31A-1.5HZ]はVF=2.2V IF=25mAです。
ところが点滅(青)[OSUB5X31A-1.5HZ]はVF=3.6V IF=25mAです。
本来であればそれぞれに抵抗を付けて電源に接続するべきです。
バラバラに点灯するので、それぞれ片側のみ点灯した場合と両方同時に点灯する状態があります。
抵抗が1本の場合2個点灯した場合は、電流が増えるので抵抗の電圧降下が大きくなり、1個点灯より暗くなります。(オームの法則でつ。。)

自己点滅LEDは点灯したときにIF電流が流れます。
(点滅回路はほとんど電流を必要としません。)
いきなり壊したくなかったので1KΩとしています。
たまたま白色LEDに10本おまけで入っていましたから。。。(^^ゞ

>Vfが各2V、Ifが各20mAとすると、5V-2V/(0.02A+0.02A)で75Ωと思ったのですが。
この計算は必ず2個同時点灯しなければ成り立ちません。
片側点灯の場合は、LEDに2倍の電流が流れて壊れます。(^^ゞ


【使用したLED】
高輝度自己点滅型LED 赤色(5φ)
ウォータークリア(100個入)
[OSHR5X31A-1.5HZ]
高輝度自己点滅型LED 青色(5φ)ウォータークリア(100個入)
[OSUB5X31A-1.5HZ]
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=%2A%BC%AB%B8%CA%C5%C0%CC%C7&s=score&p=1&r=1&page=#I-00846

超高輝度白色LED(5mm) 広角(60°)タイプ 6cd(2個入) [OSWT5161A]
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=%C7%F2%BF%A7&s=score&p=1&r=1&page=#I-00627
Posted by かんぼ at 2006年08月23日 23:09
こんばんは
LEDは私も今年秋月電子より買いました。同じOSWT5161Aと狭角タイプ25cdのOSPW5111Aが残ってます。この狭角タイプは光拡散キャップ付けづに使用すると日中でも30m位から見え視認性大で〜す(あまり参考になりませんが用途によって)。(生徒の無駄口失礼しました(^.^))。
Posted by viejoya at 2006年08月24日 00:29
>狭角タイプは光拡散キャップ付けづに使用すると日中でも30m位から見え視認性大で〜す
●と、言うことは飛行機の着陸灯やヘリの前照灯に使えそうですね。
Posted by Peewee at 2006年08月24日 09:36
かんぼさん、おはようございます。
>いきなり壊したくなかったので1KΩとしています
了解しました。実験用の安全策だったんですね。
>この計算は必ず2個同時点灯しなければ成り立ちません。
片側点灯の場合は、LEDに2倍の電流が流れて壊れます。(^^
●アブない、アブない。これだから生半可な知識は怖いです。
昨日、早速こちらのアキバでばら売りのLEDを何個かと抵抗を300円分買ってきて実験しました。抵抗をとっかえひっかえして明るさの違いと電流値を確認してました。例の計算式通り抵抗を入れると大体12-5mA流れていました。問題は日本ほど明るいLEDが無いことと、拡散キャップが見つかりません。ごつい拡散レンズはあるのですが、、電子街が家と会社の丁度中間にあるので、今日も放浪する予定です。
Formosaにもつけようと思っています。
Posted by Peewee at 2006年08月24日 09:44
>飛行機の着陸灯やヘリの前照灯に使えそう
●講義中のヒソヒソ(^.^)。(Bell222の全部お腹に前方向け取付け点滅、狭角15度ですのでほぼ真っ直ぐ自分に向いた時にピカーピカー、向って来る怖さも手伝い背中ぞくぞくです、シー!)。飛行機の場合も日陰になる翼下&胴下が視認性アップには良いと思います。
Posted by viejoya at 2006年08月24日 14:54
(ヒソヒソモード)
>自分に向いた時にピカーピカー
照射角が狭いからですね。私もヒューズへ前照灯つけたいです。
>飛行機の場合も日陰になる翼下&胴下が視認性アップ
なるほど、そういう効果もありますね。うんと軽く作って発泡の機体に埋め込む予定です。
シー、来た来た。では
Posted by Peewee at 2006年08月24日 16:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: