2006年08月18日

EP-100の3セル化テスト

手っ取り早くテストするため既存のEP-100のモーターを交換してみました。
12Tでは回転数が上がらないため浮く気配すらありませんでした。(^^ゞ
手前に置いてあるモータです。(enPower2409-2800の旧タイプ)

機体搭載してあるやつは新タイプ(エンドベル形状が違うだけ。)に15Tです。
リポは、TP-730mA 13Ccont/20C です。
この状態で、重量は218gです。
木製ローターはグリップの食い込みでバタツキが出たので3Dタイプ(対象翼)を使っていますが。。。
全くダメです。(^^ゞ
やっと浮いているような状態です。
回転数が足りません。もう少し回転を上げなければダメですね。
ギヤのモジュールが小さく(M0.4?)希望する歯数のピニオンが入手出来ません。

3S-EP100_00.jpg

プロポの設定ですが、実際上スロットルの上半分しか使っていません。
(機体が仕上がったら−ピッチ側使えるかも。。。)

スロットルカーブ

3S-EP100_02.jpg

ピッチカーブ

3S-EP100_03.jpg

フルピッチですが、撮影時に手ぶれ起こしたので黄色のライン追加。

3S-EP100_04.jpg

リベンジの為、KV値を上げた別モーターを手配中です。
posted by かんぼ at 12:23| Comment(0) | 旋風EP100
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: