2006年08月16日

P-BECのテスト

今度はP-BECのテストです。5Vの手持ちがないため6Vです。
IC素子の詳細はこちら

入力電圧はリポ3セルを想定し12Vとします。
この手には珍しくアルミの放熱板(ノイズのシールド効果も期待できる?)が付いていますが取外して基板単体でテストします。

負荷装置を繋いだ状態です。ほとんど負荷電流は流していません。
出力電圧は6.05V

P-BEC_01.jpg

上記のリプル電圧波形です。
測定レンジ:10mV/DIV 2μS/DIV

P-BEC_01_10mV_2μ.jpg

今度は1A流した状態です。
電圧降下は非常に少なく6.03Vですね。

P-BEC_03.jpg

上記の電圧波形です。
測定レンジ:10mV/DIV 2μS/DIV
波形変化はありますが無負荷と同じ周期です。過負荷リミットは掛っていません。

P-BEC_03_10mV_2μ.jpg

次は最大値を多少超えています。
出力電圧5.76V 負荷電流は1.3〜1.5Aでふらついています。
またかなりIC表面温度が上昇しています。

P-BEC_04.jpg

上記の波形ですが周期が2倍になっているので過負荷リミットが掛っているようです。

P-BEC_04_10mV_2μ.jpg

さらに負荷装置のインピーダンス(抵抗値)を下げた状態です。テスト開始から3分ぐらい経過しています。
負荷電流は変化ありませんが、出力電圧が4.41Vと下がっています。

P-BEC_05.jpg

上記結果よりP-BECはきちんと過負荷及び短絡保護回路が働いています。
最大1.25Aで使用できます。

安心して短絡出来ますね(笑)
ただし長時間の短絡は止めましょう。
一応温度保護回路も組み込まれていますが、110°まで上昇しています。
もっと連続で動作させれば働くと思いますが勿体ないのでこの状態確認後テスト終了しました。

安心して使えるBECの一つではないでしょうか。
多分これと同じか?
http://www.dimensionengineering.com/ParkBEC.htm

でも高い(3A連続タイプなら納得)です。もっと安くしてメーカさん。
それと最近売り切れ状態が。。。
posted by かんぼ at 17:28| Comment(7) | BEC
この記事へのコメント
かんぼさん、実験結果発表有難うございます。
>安心して使えるBECの一つではないでしょうか。

P-BECを夫々X-400とヒューズ500に使っているので、このコメント見てホッとしています。
現状では2機ともパラレルで使っています。パラレルで使った場合のデメリットは何でしょう?
Posted by Peewee at 2006年08月16日 23:55
Peewee:さん
今晩は。
>>安心して使えるBECの一つではないでしょうか。
>P-BECを夫々X-400とヒューズ500に使っているので、このコメント見てホッとしています。

この様に書くのは、自分で実験した実績を元にその道の専門家が見ても間違いが無いだろうと判断した場合に限ってコメントします。
(責任重大ですね。)

>パラレルで使った場合のデメリットは何でしょう?

双方のスイッチングパルスの開始タイミング(位相と言いますが。)のずれにより合成された出力のパルス波形が変わります。
当然スイッチングノイズの周波数分布も変わるでしょうが特に問題となるようなデメリットは無いと考えています。
しかし重量的には不利となりますのでP-BECの3A版の登場を希望します。(笑)

同じものが2個あればテスト出来るのですが国内では在庫が無いようです。
国内外で在庫あるところを知りませんか?

それよりもD-BECのテストにある様に回路保護の考え方と使い方を十分に考慮すべきと考えます。

1、BEC回路を壊れないように保護されている場合。
装着の際に誤ってショートした場合でも壊れないので、財布にやさしい。(笑)

2、過負荷保護をせず、一時的な過電流でも電源を供給させる場合

どちらにしても、受信機・ジャイロ・サーボが要求する最大値とBEC供給電力のバランスが重要です。
ぎりぎりかなと思うよりも2倍くらいの安全率を見る方がフェルセーフ(異常が発生した場合でも安全方向に走るように)となります。

しかし、実際にどの程度ピーク電流が必要かは使用機器によってさまざまですし飛行中の状態が把握できないと言うジレンマもあります。(^^ゞ
サーボテスターでもピーク電流の記録は取れますが、出来れば連続で記録できれば良いですね。



Posted by かんぼ at 2006年08月17日 01:00
かんぼさん、おはようございます。
ごめんなさい。パラレルの意味を間違えて使ってしまいました。P-BEC2個をパラレルに使っているのではなく、各機に一個づつ使っています。で、ESCからのBECを殺さずにP-BECからのBECとパラレルで受信機へ給電しているとの意味です。P_BECはこのパラレル給電を可能としている数少ないBECだと理解しているのですが、どこかでESCからの給電電圧とP-BECからの給電電圧の差が大きい場合何からの問題がおきるとのコメントを見たことがあるので、気になり質問しました。この点どうでしょうか?
私はいつもRCホビーさんで買っていたので他のお店はわかりません。ちょっと探してみて見つけたら報告します。
Posted by Peewee at 2006年08月17日 09:40
かんぼさん、ParkBECなら見つけました。18.99ドルです。多分、今回テストされたP-BECと同じもんだと思うんですが、、、この店は送料が高いのが玉にキズです。
http://www.helihobby.com/html/helicopter_speed_controller.html#PARTHH6021
Posted by Peewee at 2006年08月17日 10:08
かんぼさん
横から申し訳ありません。
P-BECの本家はPark-BECではないかと私は思っています。(まちがっていたらすみません^^;)
で、私はその本家?である
http://www.dimensionengineering.com/index.html
から以前直接購入しました。
価格は普通ですが、送料は1個につき100円ぐらいとたいへん破格値だったと記憶しています。
Posted by ひた at 2006年08月17日 22:02
ごめんなさい。
追記です。

支払いは、PayPalも使えますが、到着までかなり時間がかかった覚えがあります。
Posted by ひた at 2006年08月17日 22:10
Peeweeさん、ひたさんは、始めまして。

情報有難う御座います。
しかしU-BEC・D-BECとも3個在庫があり当分間に合いそうです。(^^ゞ
Posted by かんぼ at 2006年08月17日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: