2006年08月16日

D-BECのテスト(その2)

前回壊してしまったD-BECの再テストです。
今回2個購入しましたが、前回の物にはダイオードが添付されていましたが今回のにはありません。
以前購入してT-REXに付けているやつにも入っていませんでした。

DBEC-03.jpg

無負荷の状態です。
入力電圧12.08V 出力電圧5.03Vの表示です。

DBEC-04.jpg

1A流した状態です。
4.96Vとわずかに電圧が下がります。

DBEC-05.jpg

1A流したときの波形です。
オシロのキャリブレーションしてないため数値の読み取りは出来ません。

DBEC-08.jpg

1.5A流したとき。
4.92Vです。

DBEC-06.jpg

上記1.5A流した状態から2分ほど経過した状態です。
スイッチングICの温度が56.1°に上昇しました。

DBEC-07.jpg

電圧降下やICの温度上昇から見て、もっと負荷電流を増やせそうですが前回壊したので止めます。(^^ゞ
メーカ表記では入力6-40V 出力5V/4A ですが。。。
IC表面を削って型番を見えなくしてあるので詳細規格値不明です。
MOS-FETらしき物が3個ほど付いているのでパワー素子外付けタイプのレギュレータICと想像します。

最大負荷電流を知りたい方は、無償提供下されば短絡状態(破壊?)までテストして見ますが。(^_^)

一応メーカーページでは短絡保護(Short Circuit Protection)とはありますが、、、過電流で壊れました。(^^ゞ???
http://www.sky-technology.net/

S&T.jpg

【追記】
このテスト後に販売店に問い合わせたところ、早速に動作確認して頂き「過電流・短絡保護」機能は備わっていない事が判明しました。
また販売店HPにもその旨商品説明に加筆されています。
メーカにもHPの表記を修正するように連絡するとの事でした。
短絡・過負荷にはご注意下さい。

「販売店からの回答」
ご指摘ありがとうございました。こちらでテストしたところ、やはり短絡保護、温度上昇保護はございませんでした。
輸入を開始した時点で、5Aの負荷テストで、コネクター先端にて4.3Vほどの出力があったため販売を開始いたしましたが、保護回路についてのテストは行っておりませんでした。

ご指摘をいただき、7A負荷まで上げたところ、熱による破壊と見られる現象があり、また、ショートについては、瞬間的破損となりました。

保護回路が付くのが望ましいと思いますが、メーカーの考え方として、保護回路でコントロール不能になるより、瞬間的な大電流の要求に対しても電源を供給し続けるという判断があるのかもしれません。付属の説明書にも、保護回路については書かれていないようです。




posted by かんぼ at 17:24| Comment(5) | BEC
この記事へのコメント
こんばんわ♪
遅蒔きのコメントで失礼しますm(_ _)m
実は、ワタクシ10SのGEEBEEのためにD-BECを買っちゃったんです。
ですが、ちょっと心配が・・・(^^;)
近所のEP専門のRC屋さんに確認したのですが、入力は10SでもOKと言われまして買いました。
でも、コイツの入力がMAX40Vなので10Sで満充電だとセルあたり4.*Vとなると思われ上限を超えるのではないでしょうか?
と、いうところが心配なのです。
かんぼさんのご意見を!(^^;)
あと、私のには抵抗がバンドルされていたのですが、店の方に聞くと逆電流による、BECの破損を防ぐためと言われていましたが逆電流ってどういうことなのでしょうか?
すみません。わかる範囲でご教授いただければ(^^;)
Posted by hirobit at 2006年10月18日 23:30
by hirobit:さん、こんばんは。
確かに充電直後の電圧は規格値を超えそうですね。
ICのデータが分かれば良いですが、セコイことにマーキングを削ってあるので型番が不明です。(^^ゞ
人柱覚悟で試すしかありませんね。。。
多分大丈夫かな?
近いうちに試してみます。
また最近のはバージョンアップ?で別になりましたね。
PRO-BEC3A
http://www.enroute.co.jp/store/index.php?main_page=product_info&products_id=820

それと抵抗ではなくダイオード(1N5822)じゃありませんか?
最初の写真左パッケージの両端に白と赤の紙が付いているやつです。
後で購入した物には付属してません。

負荷側からの逆電流の場合。
つまりESCのBECを殺さず並列に接続した時の対策と考えられます。
ESC側の電圧が高いとD-BEC側に流れると言う考えです。
ところが実際の動作はそんな単純じゃありません。(^^ゞ
出力側に直列に接続しますが、特に無くて構いません。
また、ダイオード分の電圧降下(0.6Vぐらい)します。

普通はESC内蔵BECは殺します(使わない)から必要ないでしょう。
Posted by かんぼ at 2006年10月19日 19:06
かんぼさん、こんばんは(^^)
なるほどぉ・・・内臓BECに対するモノだったんですね!
(誤)抵抗→(正)ダイオードでした(^^;)

10Sでアンプは最初からOPTOですので、これは必要ないってことですね。
ありがとうございましたm(^^)m

まあ、実際に機体をいきなり飛ばすことも無いので、事前に地上で負荷をかけてテストしてみようと思います。

あ。それと最新のヤツなんですが本体のサイトで・・・
http://www.shopatron.com/product/product_id=STISQBDBEC008V/290.0.8189.0.0.0.0
↑こんなのありました(^^;)
これなら、余裕っぽいですが経済的に今はワタクシ買えませんの。
Posted by hirobit at 2006年10月19日 19:31
Pro DBECですね。
本来ならこのクラスが必要ではないでしょうか?
標準サーボ4〜6個搭載ですよね。
テストの際はサーボホーンに規定トルク目一杯になるような重りをぶら下げて下さい。
無負荷ではテストしても無駄ですから。。。
Posted by かんぼ at 2006年10月19日 20:16
>かんぼさん
らじゃ〜♪
ありがとうございました!(^^)
Posted by hirobit at 2006年10月19日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: