2006年08月14日

D-BECのテスト

前回はU-BECのテストでした、今度はD-BECもテスト開始しましたが。。。

いきなり壊してしまいました。。。(^^ゞ

電子負荷のボリュームを上げていっても電流が流れず。。。
ふと、電源のメータをみたら8A流れてました。
D-BECの出力も本来5Vのはずが、11Vになってました。

DBEC-00.jpg

クランプ電流計をゼロ調整した際にゼロホールドにしてました。ならゼロしか表示しません。OTL
気がつくのが遅かった。。。

壊れたやつを皮むき

DBEC-01.jpg


DBEC-02.jpg

どうやら、過電流保護回路が動作しないか、元から入っていないのでは。。。
D-BEC利用の際は、過負荷には気を付けましょう。(^^ゞ

早速注文したD-BECが来るまでテスト出来ません。
posted by かんぼ at 19:45| Comment(7) | BEC
この記事へのコメント
うわー、勿体無い。やってしまいましたね。
D=BECは韓国製ですよね。こちらでは一番利用者が多いBECです。ところで、14.99ドルと安かったのでhttp://www.helidirect.com/product_info.php?cPath=93&products_id=1157 を買ったのですが、これって先日テストされたU-BECと同じものでしょうか?
Posted by Peewee at 2006年08月15日 07:15
D-BECは好みですけど、、、注意が足りませんでした。(^^ゞ
負荷電流はP-BECよりは流せると思います。リプル・ノイズは測定してみないことには分かりませんし。。。
次回テストします。

>これって先日テストされたU-BECと同じものでしょうか?

自分がテストしたU-BECとは違いますが。
同等品と考えます。
外観からのみ判断するとIC内部のFETでスイッチングするタイプと思います。
丸いインダクタも小さめですのでP-BEC相当であると予測します。
3セル連続最大1.5Aと考えた方が良いと思います。
Posted by かんぼ at 2006年08月15日 12:50
D-BECについて:過電流保護回路は付いています。
最大電流値は、4Aです。
通常、負荷電流が多くなると、電圧が下がるようになっています。
故障の症状から見ると、ショートさせた時の症状に酷似しています。
負荷装置のボリュウム等に問題が有りませんか?

また、P-BECとU-BECは全く仕様も性能値も別物です。
P-BECはリポ8セル時の性能です。
一見同じように見えても、基板が違います。


お訪ねの製品は、Uーbecの切替回路を省略した物です。国内では¥1180です。残念ですが$14では安く有りません。

D-becは、スイッチ回路を取る様、要請中。
Posted by ducati at 2006年08月15日 20:31
ducati:さん
こんばんは。情報有難う御座います。

確かに負荷電流を8Aも流せば短絡状態ですね。(^^ゞ
負荷装置に問題は無いと思います。
単に負荷抵抗を下げすぎただけですから。
また、それに気がつくまで1分も経っていません。

>通常、負荷電流が多くなると、電圧が下がるようになっています。

要は短絡保護回路になっているかどうかですね。

単に電圧を抑える拘束方式の場合は定格最大電流より少し多めの電流が流れ続けるので長時間の短絡ではICが発熱し壊れます。

最近のレギュレータICのデータシートを見ると、おっしゃる通り垂下方式の低減型(フの字型とも言う。)と定電流型が使われています。

低減型は出力電圧を下げる方向に働き結果として短絡電流を下げます。
通常最大定格負荷電流の数分の一に下がります。
一方、定電流型は一定電流を流すように動作します。
そのため短時間の短絡には耐えるようになります。

それにU-BECではきちんと短絡保護が働きました。

なお、P-BECに使われているスイッチングICのCS51411Eデータシート
http://www.onsemi.com/pub/Collateral/CS51411-D.PDF
の8ページの最後「Short Circuit」に
When the VFB pin voltage drops below Foldback
Threshold, the regulator reduces the peak current limit by
40% and switching frequency to 1/4 of the nominal
(フの字に電圧が下がり最大電流を40%に制限かつ標準の1/4のスイッチング周波数になる。)
と記載されています。
また温度保護回路も入っています。

なので、D-BECの回路保護仕様には疑問(不満?)があります。

物が来たら再度D-BECのテストをするつもりですし、P-BECのテストもします。

参考:過電流保護
http://www.cqpub.co.jp/term/overcurrentprotection.htm


Posted by かんぼ at 2006年08月15日 23:59
かんぼさん、コメント有難うございます。
>3セル連続最大1.5Aと考えた方が良いと思います
なるほど。やはり値段なりですね。アナログサーボ3個の飛行機に積む予定なので問題ないかと。

ducatiさん、情報有難うございます。
>Uーbecの切替回路を省略した物です。国内では¥1180です。残念ですが$14では安く有りません。
あらら、国内の方が安いんですね。カーボンローター買った際に、ついで買いしちゃいました。一般的に、昨年に比べるとBECの値段が全体的に落ちてきた感じがします。3−5千円だと気軽に試せませんが、最近は1−3千円のレベルの物が出てきたので大分買いやすくなりました。でも性能と用途は慎重に検討しなければなりませんね。
Posted by Peewee at 2006年08月16日 10:35
peeweeさん:レギュラー3個ならばDSでなければ、コントローラーに搭載のBECでも良い気がします。
機体の大きさが問題ですね。もちろん別付けの方が良いとは考えます。
Posted by ducati at 2006年08月16日 17:04
ducatiさん
>コントローラーに搭載のBECでも良い気がします。
私もそう思って、スパン1mのスタント機へCC25と3110を3個積んだのですが、アンプが結構熱をもったので、重量的に余裕があったのでBEC別付けしました。また、今回買った14ドルの物はやはりスパン1mの機体に積む予定です。
Posted by Peewee at 2006年08月17日 11:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: