2006年08月10日

ジャイロ固定方法

EP-100のラダーサーボの発熱が異常なのは、ジャイロが振動するせいではないかと。。。
ホバリングからピッチを急に上げるとハンチングが大きくなるし。。。
両面テープで底と側面を貼り付けていますが、いまいちグラグラします。
で、しばらく考えた末、閃いたのはホットボンド。

hot-1.jpg

この様に固定しました。元々このフレーム位置は強度が弱いですが、引張ったらフレームが歪むくらいピッタリ固定されています。
がっちり固定したら返って振動を拾いそうですが、グラグラよりは良さそう。

早速飛ばしてみました。前よりハンチングが減少しゲインも50%あたりで使えています。
(プロポはJR-X3810のラダーD/RスイッチでゲインコントロールしているのでSW-0位置で25%設定)
ラダーサーボの異常発熱は無くなりました。\(^^@)/

hot-2.jpg

hot-3.jpg

当分これで飛ばしたら、今度は搭載位置の変更かホットボンドとジャイロの間にスポンジテープを挟んでみます。
平面でない物を固定するにはホットボンドも良いかも。。。少量なら余り重くもないし。
前部のESCもホットボンドで固定するつもり。

参考:AS-500Gの説明書

AS500-Gs.jpg
posted by かんぼ at 21:52| Comment(5) | 旋風EP100
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: