2006年08月08日

EP-100(旋風)3セル化に向けて

とりあえず飛ぶようになったEP-100ですが、ハイピッチでモーターが負けているようです。
自分好みで浮かしているので、ピッチは測定していませんが、、、(^_^)

標準ブラシレスをそのまま3セルにした場合回転数が上がりすぎるような気がしたので別なモーターで考えてみます。
選択したのは大体同じサイズの「enPower2409-2800」
http://www.enroute.co.jp/store/index.php?main_page=product_info&cPath=8_21&products_id=140

前回テスト結果より標準ブラシレスのKV値は4,800と予測します。
15Tピニオンギアが付いています。

 標準ブラシレス:KV4,800×7.2V=34,560rpmに対して
 enPower2409-2800:KV2,800×11.1V=31,080rpmで少し回転が落ちます。

このまま15Tで使っても良いのですがさらにローター回転を落として使ってみたい気がします。
理由はテールのデジタルサーボの発熱です。
ジャイロが機体振動を拾っているような気がします。
サーボホーンは目一杯短くしているので後はゲイン調整しかありません。

そこで簡単に入手できるブラシモーター用の12Tピニオンギヤを使うと
低回転でもハイトルクになるかな?とテストしてみるつもりです。
12/15で0.8倍にさらに回転が落ちますが。。。浮くかな?
ノーマルブラシレスを12Tの方が良いのかな?

別売で2mmシャフトもあるのですが購入忘れたので、、、
12Tピニオンギヤの穴を2.0o→2.3oに開け直します。
それをモーターにピンポンチでシャフトを叩いて打ち込みましたが、、、
エンドベルとカンが緩んで隙間が出来ました(;^_^A アセアセ…
直そうとシャフトのEリングを外した際、どこかに飛ばしてしまいました。
やっぱり専用圧入ツールを作ってからにすれば良かったですね。

2409-2800a.jpg

とりあえず隙間にロックタイトを流し込んでプライヤーではめ込みます。
Eリングが来るまで回転テストは出来ません。。。(。_・)

2409-2800b.jpg

EリングはJIS規格では「E形止め輪」と言います。
モーターシャフトは3.2oですので「呼び2.5」のサイズとなります。
参考
http://fa.misumi.jp/pdf/fa/p2149.pdf

現在のEP-100です。デジタルサーボのためESCのBEC電流が不足しているようなのでP-BECを付けました。
フルピッチでのハンチングが減少したのでESCのBEC電流不足は間違い無いでしょう。
しかし、サーボの発熱はあります。
EP-100同等品pixy ZAPのパーツも購入。

ep100-pbec.jpg

posted by かんぼ at 21:21| Comment(3) | 旋風EP100
この記事へのコメント
こんばんは。

ちょっと余所見をしていたらあっという間に3セル化を始められていたのでビックリしました。
徹底的な軽量化、デジタルジャイロ+デジタルサーボに続いて3セル化、凄過ぎです。
安易なフルメタ化ではなく、トータルバランスを考えられてのチューニングなので非常に参考になります。
デジタルジャイロ+デジタルサーボと3セル化のインプレを楽しみにしております。
Posted by FF9HELI at 2006年08月08日 23:55
FF9HELIさん:
こんにちは。
現状の機体を3セル化するか、新規に作るか思案中ですが、多分予備機を組むでしょう。(^_^)
Posted by かんぼ at 2006年08月09日 15:08
おはようございます。

>ジャイロが機体振動を拾っているような気がします。

あっ、この辺りは、私も同じ見解でした(^^ゞ
私はエレベータサーボの上に両面テープでジャイロを乗せているのですが、不安定で、底面と側面を両面テープで固定しちゃいました。
また、度重なる墜落を重ねているので、新品の木製ローター装着した所、機体振動が激減しました(^^ゞ
発熱も心なしか、おちたような(^^ゞ
Posted by logicmind at 2006年08月10日 09:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: